WEB
予約
LINE
予約
HPを見て…とお電話ください
平日:10時~20時  土日祝:10時~17時
お子様連れの際はご連絡ください
急性腰痛(ぎっくり腰)

腰椎の圧迫骨折、ヘルニア、筋膜が裂けてしまった。

など、急に起こった腰痛を”ぎっくり腰”と呼びます。

ですが、ほとんどの場合は、固まり切った腰の筋肉をつなぐ筋膜が裂けてしまって炎症が起きている状態になっていることがほとんどです。

どのような状態かというと、筋膜は筋肉と筋肉を連結させてスムーズに動けるようにしてくれているものです。

しかし、この筋膜も筋繊維でできているため、使われすぎると伸縮性がなくなってしまい、和紙のような状態になります。

そこに無理な動きなどで負荷がかかってしまうと、裂けてしまうということになります。

そうなってしまった場合、一度炎症を落ち着かせることが大切ですが、完全に固めてしまうとまた繰り返してしまうため、固めてしっまったところは緩めておく必要があります。

炎症が収まった後の筋膜は、修復され、もう切れないように太い繊維になりますが、周りの筋繊維とは伸縮性にもギャップがあるため、そこからまた繰り返してしまう可能性があるため、しっかりと周りと馴染ませておく必要があります。

経堂整体院では、そんなぎっくり腰をしてしまった場合でも、対応できる準備をしておりますので、当日でも安心して施術を受けていただけます。